ロシア語翻訳、ロシア語文法のニュアンス、特徴、例外などを勉強できます。
仮定法
仮定法のコンテンツ
  • 【ロシア語翻訳入門】・「仮定法「Условное наклонение」」
  • 仮定法・【ロシア語翻訳入門】
  • 仮定法【ロシア語翻訳】
 l  TOP  l



回答と音声は必要ありませんか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ロシア語翻訳入門】・「仮定法「Условное наклонение」」

皆さん、こんにちは。
お元気でしょうか。
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズです。
宜しくお願いいたします。

今日は仮定法「Условное наклонение」を復習しましょう。


※「仮定法「Условное наклонение」」※
話し手が、あることを仮定して述べる、「もし~ならば~だろう」という表現です。
(仮定法の作り方)
仮定法が形成される場合は以下の言葉が使われます。
1、動詞の過去形
2、小詞の “бы”動詞の前でも後でも使えます。


練習もしてみましょう。続きへどうぞ。。。
続き読む

|  コメント(0)  | 

仮定法・【ロシア語翻訳入門】

こんにちは皆さん。
Здравствуйте.
Как отметили День Валентина?
А сегодня начинается празднование Масленицы!
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズです。

今日は仮定法を練習しましょう。

※仮定法※
話し手が、あることを仮定して述べる、
「もし...ならば...だろう」という表現。

仮定法には以下のものが使われます。
動詞の過去形
小詞  “БЫ” (動詞の前でも後でも使える)
接続詞 “ЕСЛИ”

1、複文では、быは主文だけでなく、従属文でも使われます。
例:
Если бы я жил в Японии, я бы каждый день ел суши.
(私は日本に住んでいたならば、毎日寿司を食べるだろう。)

2、日常会話ではеслиがなく、быだけ使って、助言、
願望、勧誘を表わし、命令形の代わりに使うことが出来ます。
例:
Такие вкусные пирожки!
Покушал бы.
(美味しいピロシキーですね。食べたほうがいいですねー。)
(食べなさい!と命令する代わりに、助言している。)

3、
現在形と未来形で、ЕСЛИがあり、
БЫ がなければ、通常の条件文になります。

例:
Если я закончу университет,
я буду работать в банке.
(大学を卒業したら、銀行で働きます。)


練習もしてみましょう。続きへどうぞ。。。

続き読む
|  コメント(1)  | 

仮定法【ロシア語翻訳】

Здравствуйте, 皆さん!
【ロシア語翻訳】担当のアイザーダです。
今日は仮定法を復習しましょう。

◆ 問題 ◆ 
仮定法に注意しながら以下の文を訳してください。

1、Мне хотелось бы, чтобы сейчас ты был
здесь.

2、Она не сможет прийти, хотя ей очень
хотелось бы отметить Новый год с нами.

3、Если бы я была на вашем месте, я
не пошла бы в плавание.

4、Работать всегда интересно, если
человек любит своё дело.

◆ 単語 ◆ 
хотеться :~が欲しい
плавание :水泳
работать :働く
любить   :愛する
интересно:面白い

表現:
отметить Новый год:新年を祝う続き読む
|  コメント(0)  | 



回答と音声は必要ありませんか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事検索
ロシア語文法から検索
ロシア語翻訳著者紹介

Kunduzはじめまして、ロシア語講師のクンドゥズです。私の専門は文学部ですからロシア語を教えるのが大好きです。

Aisuluu
ロシア語講師のアイスルーです。私は人と話すのが好きなので、毎日楽しくロシア語の授業をしています。


Syndicate this site