【ロシア語翻訳入門】・「物主代名詞 свой 」

皆さん、こんにちは。
お元気でしょうか。
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズです。
宜しくお願いいたします。
今日は物主代名詞 свой を学習しましょう。


※ 物主代名詞 свой ※
物主代名詞 свой (своё, своя, свои)は「自分の」という
意味です。свой は主語に一致します。

例:1、Я забыла свои деньги.
(私は(自分の)お金を忘れた。)
2、Он принёс свою книгу.
(彼は(彼の)本を持ってきた。)

上の文では、свойは主語を受けるときそれを修飾しません。
それが主語を修飾していない限り、それはどの位置ででも使うことができます。
(例えば、直接目的語、間接目的語、前置詞の後など)


練習もしてみましょう。続きへどうぞ。。。



例:1、Он живёт в своём доме.
(彼は自分の家に住んでいる。)
2、Ты пишешь своему другу.
(君は君の友だちに手紙を書いている。)


次の二つの規則は覚えておいてください。
1) свойは、一番近い動詞の主語を受けなければならない。
2) свойは、文の主語を決して修飾してはいけない。

ところで、ある場合には、свойが上の二つの条件を満たしているときでも、
必ずしも用いる必要はありません。
文の主語がя、мы、あるいはвыのときは、мой、наш、вашを使うことができます。

Мы принесли наши (あるいはсвои) книги.
(私たちは私たちの(自分の)本を持ってきた。)

しかし、тыが主語のときは必ずсвойを用いなければなりません。

Ты читаешь свою (твоюではなく) книгу?
(君は自分の(君の)本を読んでいるのか?)



※ 問題 ※
括弧の中の物主代名詞свойを正しい形にして文を完成させて下さい。
1、Она покупает одежду в (свой) любимом
 бутике.

2、Дедушка любит рассказывать о (свой)
  студенческих годах.

3、Ты любишь (свой) страну?



※ 参考単語集 ※

(名詞)
問題1)
одежда:服
бутик:ブティック

問題2)
дедушка:おじいさん
студенческие годы:学生時代

問題3)
страна:国

(動詞)
問題1)
покупать:買う

問題2)
рассказать:話をする

問題3)
любить: 好きである



※ 正解 ※
1、Она покупает одежду в своём любимом
 бутике.
(彼女は自分のお気に入りのブティックで服を買います。)

2、Дедушка любит рассказывать о своих
студенческих годах.
(おじいさんは自分の学生時代の話をするのが大好き。)

3、Ты любишь свою страну?
(君は自分の国を愛するか?)



※ ポイント ※
◎ロシア語で再帰代名詞を省略しても文の意味が変わらないときには、それを省略します。
例えば、「彼女は彼女の母を愛している。」という文をロシア語に訳す場合、
своюを入れる必要は全くありません。Она любит мать で十分です。

(注意)もちろん上の規則が破られсвойが文の主語を修飾できる場合があります。
例えば、свойはу меня、у тебяで所有を強調するときに使うことができます。

У нас есть свой дом в деревне.
(私たちは田舎に自分たちの家を持っています。)

また、次のようないくつかの決まった表現で用いられます。

1、Он у нас свой человек.
(彼は私たちの一員、家族の一人だ。)
2、Своя рубашка ближе к телу.
(自分自身のシャツが体にはより近い。)
3、Кто там будет?
-Только свои.
(誰がそこに来るだろうか。)
(親しい友達(身内など)だけだ。) 


ここから詳しく読んでください。


今回は以上です、
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズでした。
次回も宜しくお願い致します。
また、お会いするのを楽しみにしております。^^



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶: 評価: 顔   
 



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事検索
ロシア語文法から検索
ロシア語翻訳著者紹介

Kunduzはじめまして、ロシア語講師のクンドゥズです。私の専門は文学部ですからロシア語を教えるのが大好きです。

Aisuluu
ロシア語講師のアイスルーです。私は人と話すのが好きなので、毎日楽しくロシア語の授業をしています。


Syndicate this site