【ロシア語翻訳入門】・「ロシア語の助詞」

Здравствуйте, Друзья!
Как у Вас дела?
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズです。
宜しくお願いいたします。

今回は、ロシア語の助詞について復習しましょう。

※助詞※
ロシア語の助詞は補助語(ロシア語でслужебное словоと称される)
の一部を構成するもので、それ自体は語尾変化することはなく、
個々の単語や文全体に特定の意味やニュアンスを付加する役割を担っています。

例:1、Разве ты говорил об этом?
  (そのことをしゃべったのは君なの)。

2、Ни шагу назад!
(一歩も引き下がるな。)



練習もしてみましょう。続きへどうぞ。。。

※問題※
助詞に注意しながら、以下の文を訳してください。
1、Давайте я вам помогу.
2、Я изучал русский язык только три месяца.
3、Дай-ка мне взглянуть.



※参考単語集※
(名詞/表現)
問題2)
русский язык:ロシア語
три месяца:3ヶ月

(動詞)
問題1)
помочь:手伝う
問題2)
изучать:勉強する
問題3)
взглянуть:ちょっと見る

          
※正解※
1、Давайте я вам помогу.
 (私が手伝いましょう。)
2、Я изучал русский язык только три месяца.
(ロシア語は3ヶ月しか勉強していません。)
3、Дай-ка мне взглянуть.
(私にちょっと見させてくれ。)


※ ポイント ※
◎助詞は а,  ли (ль), не ... ли, неужели,
 разве, что за, что, что ли, какなどです。
1)не ... ли は不確実性の意味を表わします。
 例:Не стыдно ли?!
 (あなたは恥ずかしくないの。)

2)неужели, развеは驚きや不安の意味を表わします。
 例:Разве ты говорил об этом?
 (そのことをしゃべったのは君なの。)

3)как, что やаは問い直しをする時も使われます。
 例:Денег у нас больше нет.
  (私たちにはお金がもうない。)
  - Как нет?
  (何だって、もうない?)


ここから詳しく読んでください。


今回は以上です、
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズでした。
次回も宜しくお願い致します。
また、お会いするのを楽しみにしております。^^



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶: 評価: 顔   
 



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事検索
ロシア語文法から検索
ロシア語翻訳著者紹介

Kunduzはじめまして、ロシア語講師のクンドゥズです。私の専門は文学部ですからロシア語を教えるのが大好きです。

Aisuluu
ロシア語講師のアイスルーです。私は人と話すのが好きなので、毎日楽しくロシア語の授業をしています。


Syndicate this site