【ロシア語翻訳入門】・「仮定法」

Здравствуйте, друзья!
Как провели выходные?

ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズです。
宜しくお願いいたします。

皆さん、今日は仮定法を勉強しましょう。

※仮定法※
仮定法とは現実になっていないこと,
あるいは非現実的なことを表現するのに用いられる表現です。


練習もしてみましょう。続きへどうぞ。。。
非現実なことを表すので仮定法には時制がありません。
どの過去、現在、未来を意味するのかは文脈や「昨日」などの語彙から判断します。

(仮定法の作り方)
「接続詞 “если”+動詞過去形+仮定の助詞”бы”」(もし~なら~だろう)
“бы”は動詞の前後どちらにも置けます。

例:
 Если бы я была птицей, я бы улетела.
(もし私が鳥なら飛んでいったのに。)


※問題※
仮定法に注意しながら以下の文を訳してください。

1、Если бы не дождь, мы бы пошли гулять.

2、 Я сходила бы сегодня в музей, если бы у меня
  было время. 

3、Хоть бы они приехали на неделю. 



※参考単語集※

(名詞/表現)
問題1)
 дождь:雨
問題2)
 музей:博物館
 время:時間
問題3)
 неделя:一週間

(動詞)
問題1)
 пойти:行く
 гулять:散歩する
問題2)
 сходить:行ってくる
問題3)
 приехать:来る


※正解※

1、Если бы не дождь, мы бы пошли гулять.
 (雨が降らなければ散歩に行ったのだが。)

2、 Я сходила бы сегодня в музей, если бы у меня
  было время. 
 (時間があったら今日博物館に行って来るんだけどなぁ。)
 
3、Хоть бы они приехали на неделю. 
 (せめて一週間の予定で彼らが来るのなら良かったのに。)



※ポイント※
条件文を使って、希望、願望を表すことが出来ます。
例:
1、Я хотел бы играть в теннис.
 (テニスをしてみたいなあ。)

2、Дождя бы!
 (雨ならなあ!)

3、Улететь бы птицей! 
 (鳥になって飛び去りたい!)


ここから詳しく読んでください。


今回は以上です、
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズでした。
次回も宜しくお願い致します。
また、お会いするのを楽しみにしております。^^



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶: 評価: 顔   
 



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事検索
ロシア語文法から検索
ロシア語翻訳著者紹介

Kunduzはじめまして、ロシア語講師のクンドゥズです。私の専門は文学部ですからロシア語を教えるのが大好きです。

Aisuluu
ロシア語講師のアイスルーです。私は人と話すのが好きなので、毎日楽しくロシア語の授業をしています。


Syndicate this site