【ロシア語翻訳入門】・「方向を表わす前置詞 В, НА」

皆さん、こんにちは。
お元気でしょうか。
こちらはまだ冬です。冬の寒さが戻ってきました。
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズです。
宜しくお願いいたします。

今回は、方向を表わす前置詞В, НА を勉強しましょう。


※方向を表わす前置詞 В, НА ※


練習もしてみましょう。続きへどうぞ。。。
◎運動を表わす動詞の後に前置詞В または НАが名詞対格とともに使われます。 
 基本的には前置詞Вは何かの中に、НАはある物の上に向かう運動を表わし
 «куда?»という質問の答えに用いられます。
例えば:
1、Он спешит на собрание.
 (彼は会議に急いでいます。)
2、Саша положил журнал на полку.
 (サーシャは雑誌を書棚に置きました。)


※ 問題 ※
括弧の中から適当な前置詞を選んでください。
1、Осенью (на, в) землю падают листья.

2、Сестра собирается (в, на) встречу с другом.

3、Кажется, кто-то стучится (на, в) дверь.


※単語※
(名詞/表現)
問題1)
осень:秋
земля:地面
лист:木の葉

問題2)
встреча:出会い
друг:友達

問題3)
дверь:ドア

(動詞)
問題1)
падать:落ちる

問題2)
собираться:(出かける)支度をする

問題3)
стучаться:ノックする


※正解※
1、Осенью на землю падают листья.
 (秋に木の葉が地面に落ちる。)

2、Сестра собирается на встречу с другом.
 (姉は友達と会うために支度しています。)

3、Кажется, кто-то стучится в дверь.
 (誰かがドアをノックしている。)


※ ポイント ※
●(前置詞 В+名詞対格)が使われる場合
1)何かの中に向かう行動や運動
 例:Положила торт в холодильник.
  (冷蔵庫の中にケーキを入れました。)
 例:Я бросаю камень в реку. 
  (私は川に石を投げる。)   
 
 接頭辞「в」がある動詞の後は、(前置詞в+対格)が使われます。
 この動詞は何かの中に向かう動作の意味になります。
 例:Волга впадает в Каспийское море.
 (ヴォルガは、カスピ海に流れ込む。)
 
 例:Автобус въехал в лес.
 (バスが森林の道に入りました。)
  
●(前置詞НА+名詞対格)が使われる場合
 ある物の上に向かう行動や運動
  例:Мама надевает платок на голову.
  (母は頭にスカーフをかぶっている。)



ここから詳しく読んでください。


今回は以上です、
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズでした。
次回も宜しくお願い致します。
また、お会いするのを楽しみにしております。^^



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶: 評価: 顔   
 



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事検索
ロシア語文法から検索
ロシア語翻訳著者紹介

Kunduzはじめまして、ロシア語講師のクンドゥズです。私の専門は文学部ですからロシア語を教えるのが大好きです。

Aisuluu
ロシア語講師のアイスルーです。私は人と話すのが好きなので、毎日楽しくロシア語の授業をしています。


Syndicate this site