【ロシア語翻訳入門】・「ロシア語の格変化で主格」

皆さん、こんにちは。
お元気でしょうか。
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズです。
宜しくお願いいたします。

今回はロシア語の格変化で主格について勉強しましょう。


※ ロシア語の格変化:主格 ※
ロシア語には主格,生格,与格,対格,造格,前置格という
6つの格があります.

主格(именительный падеж)は
日本語の「~は・~が」に当たり、
КТО(誰)? ЧТО(何)? という質問の答えに用います。


練習もしてみましょう。続きへどうぞ。。。



辞書の単語、地図の地名、店の看板、会社の名称など、全部主格の形で
書かれます。
なお、主格は前置詞と一緒には使われません。

例:
1. Кто это? - Это Паша. Он ученик 3-класса.
 (これは誰ですか? - これはパシャです。彼は(小学)三年生です。)

2. Кто читает? - Ученик читает.
 (誰が読んでいますか? - 生徒が読んでいます。)

3. Что это? - Это книга.
 (これは何ですか? - これは本です。)


※ 問題 ※
カッコの中の適当な単語を選んで、文を完成させてください。

1、У меня есть (брат и сестра, студент).
Они (студенты, сад).

2、Мой папа - (писательница, филолог).

3、Это наш (яблоко, сад) и наши (яблоки,
писательница).

4、Моя тётя - известная (писательница,
студент).


※ 単語 ※
名詞
問題1)
брат   :兄、弟
сестра :姉、妹
студент:学生

問題2)
папа   :父
филолог:言語学者

問題3)
сад   :庭
яблоко:りんご

問題4)
тётя        :叔母
писательница:(女流)作家

形容詞
問題4)
известный:有名な





※ 正解 ※
1、У меня есть брат и сестра. Они
студенты.
 (私には兄と姉がいます。彼らは学生です。)

2、Мой папа - филолог.
 (父は言語学者です。)

3、Это наш сад и наши яблоки.
 (これは私たちの庭とりんごです。)

4、Моя тётя - известная писательница.
 (叔母は有名な作家です。)


※ ポイント ※
◎ 疑問詞 КТО? は人だけでなく動物に関しても用いられます。
この点、日本語の「誰」と異なります。

例:
1. Кто это? Это котёнок. Её зовут Моська.
 (これは何ですか?-これは子猫です。彼女の名前はモシィカです。)

2. Кто это? Это собака нашего соседа.
 (これは何ですか? -これは隣人の犬です。)


ここから詳しく読んでください。



今回は以上です、
ロシア語翻訳入門】担当のクンドゥズでした。
次回も宜しくお願い致します。
また、お会いするのを楽しみにしております。^^



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶: 評価: 顔   
 



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事検索
ロシア語文法から検索
ロシア語翻訳著者紹介

Kunduzはじめまして、ロシア語講師のクンドゥズです。私の専門は文学部ですからロシア語を教えるのが大好きです。

Aisuluu
ロシア語講師のアイスルーです。私は人と話すのが好きなので、毎日楽しくロシア語の授業をしています。


Syndicate this site