理由を表す接続詞 【ロシア語翻訳入門】

こんにちは皆さん!お元気ですか?
【ロシア語翻訳入門】のルスランです。

今日は потому что, так как, ибоを勉強しましょう。

では、行きましょう!

※理由を表す接続詞※

接続詞は、2つ以上の文章を結合するために使います。
ある行為・現象の理由を表す時は下記の接続詞を使います:

потому что, так как, ибоの意味が同じです。
「потому что」,「ибо」
の接続詞を含む従属文はいつも主文の後に来ます。

例:
1、Зимой люди одеваются тепло,
    потому что холодно.

2、Так как я выходил без куртки,
    я простудился.


※問題※
 
потому что,так как,ибоの接続詞を正しく
入れてください

1、Мы решили поехать на море, (  ) лето,
жара, каникулы!
2、Листья пожелтели, (  ) пришла осень.
3、Не дам, (  ) ты не заслужил.
4、Не ходи, (  )убьют!
5、Нельзя есть много сладкого,
    (  )можно растолстеть.


※参考単語集※

растольстеть: 太くなる
каникулы    : 休暇
заслужить   : 値する
убивать     : 殺す
сладкий     : 甘い
поехать     : ~に乗って行く
решить      : 決める
листья      : 葉【複数形】
море        : 海
жара        : 暑さ

※正解※

1、Мы решили поехать на море,
    потому что лето, жара, каникулы!
私たちは海に行くことにしました。夏、暑、休みですから。

2、Листья пожелтели,так как
    пришла осень. 
    葉の色があせた、秋が来たから。

3、Не дам, так как ты не заслужил.
あげない、君にはそれに値しないからだ。

4、Не ходи, ибо убьют!
行かないで下さい、なんとなれば殺します。

5、Нельзя есть много сладкого,
    потому что можно растолстеть.
甘いものをたくさん食べてはいけない、太くなる可能性がある。


※今日のポイント※ 

皆さん今日のポイントは「ЧТО」の接続詞の使い方です。
思考・知識・感じ・言語は従属文の助けで表す場合「ЧТО」
の接続詞が使われます。

例:
1、Я был уверен, что найду дорогу сам.
私は自分で道を見つける自信があった。

2、Я рассказал о том, что видел
    в Москве.
私はモスクワで見たことについて話しました。

3、Он знал, что в Токио есть
    русский музей. 
彼は東京にロシア博物館があるのを知っていました。


Благодарю за внимание!
До встречи!【ロシア語翻訳入門】のルスランでした。



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







トラックバックURL

この記事へのコメント
1. Posted by 吉村國政   2017年03月13日 17:53
ロシアの方から次のようなメールをいただきました。товар все таки получен- но это стоило больших!!! усилий !
機械翻訳で英文に変換すると、
The goods are still received, but it was worth great! Effort!
stillがあるため、荷物が届いているのか、いないのかが分かりません。どちらなのでしょうか。教えていただけると有難いのですが。
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶: 評価: 顔   
 



回答と解説はこちらで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事検索
ロシア語文法から検索
ロシア語翻訳著者紹介

Kunduzはじめまして、ロシア語講師のクンドゥズです。私の専門は文学部ですからロシア語を教えるのが大好きです。

Aisuluu
ロシア語講師のアイスルーです。私は人と話すのが好きなので、毎日楽しくロシア語の授業をしています。


Syndicate this site